藤井風の出身大学 高校 中学 小学校など学歴紹介!父親の影響を多大に受けた幼少期も

  • URLをコピーしました!

※本ページはプロモーションが含まれています

「死ぬのがいいわ」が世界中でバズり、今や世界的アーティストと言っても過言ではない藤井風さん。

藤井風さんは絶対音感を持ち、ピアノ演奏で唯一無二の多彩な音色を表現できる一方で、歌唱力も素晴らしく、英語も流暢に話せるなど、多才な才能を兼ね備えています。

そのため、幼少期から特別な教育を受け、優れた学歴を持つのではないかと想像される方も多いと思います。

大学、高校、中学校、小学校はどこの学校を卒業されたのでしょうか。

実際の藤井風さんの出身校や学歴、幼少期から現在までの音楽教育についてまとめてみました。

この記事で分かること
  • 藤井風の出身大学について
  • 藤井風の出身高校について
  • 藤井風の出身中学校について
  • 藤井風の出身小学校について
  • 藤井風の幼少期からの音楽教育について
目次

藤井風の出身大学は?

実は、藤井風さんは大学には通っていません。

高校卒業後は、生まれ育った岡山県の浅口郡里庄町の実家で生活を続けながら音楽活動に専念。

大学には通わずにYoutubeでの様々なカバーや弾き語りの発信や、地元開催のイベントなどで弾き語りを披露していました。

初めてのコンサートは、倉敷国際ホテルでチャリティーコンサートでした。

その他にも、お寺で終活セミナーの前に弾き語りをしたり、夏祭りで歌ったりなど、地元密着の活動をされていました。

地元のボランティアグループの研修会で開催されたコンサートに出演した際のチラシと広報誌には「町内外から210名の来場者が集まった」とあります。

終了後の握手会の様子では、おばさま達が長蛇の列ですね。

この頃から既におばさまキラー(笑)
「ピアノの奇行師」というネーミングセンスも風イズム全開!

地元でも当時から有名で人の心を掴んでいた

デビュー前に藤井風さんが地元の婦人ボランティア組織のイベントに出演されたときの様子を、日刊スポーツの記者さんが語っている記事があります。

記者さんのお母様がその婦人会の世話役を務めていて、イベントの余興に藤井風さんを推薦されてお願いしたとのこと。

  • 一番若者向けの曲は沢田研二「勝手にしやがれ」
  • ジュリーのように被っていた帽子を客席に投げる演出をしていた
  • 帽子を返しに来たおばさまに「うちのお母さんが100均でぎょうさんこうてきたけぇ、返さんでもええんですよ。もろうてください」
  • 優しい心遣いに、おばさま方はすっかり藤井風に夢中になっていた
  • ステージ後におばさま方が円卓に飾られていた花を片手に列を作った

観る物の心を掴む音楽性と素朴な人柄、小道具をふんだんに使う演出はこの頃から健在

藤井風がニューヨーク大学に海外留学していたウワサはなぜ?

藤井風さんは前述の通り大学には通っていませんが、なぜか「藤井風はニューヨーク大学に通っていた」というウワサがあるようです。

英語が話せるから?でもなぜニューヨーク大学?

そのウワサの根源は、2021年3月1日に放送された「報道ステーション」に出演して引き語りをした際に、着ていたTシャツに「NYU」というロゴが書かれていたこと。

この映像から「藤井風はニューヨーク大学卒?」と感じた視聴者が検索したのだと思われます。

後述しますが、藤井風さんの英語は留学などはせず全て独学で習得したもの。

ピアノから英語まで、本当に努力の人なんですね。

藤井風は大学に行かずYoutube配信で有名に。そして上京。

地元では既に有名になっていた藤井風さんですが、Youtube配信を続けることによって全国的に「知る人ぞ知る」存在になっていきました。

Youtubeを見て音楽関係者からのスカウトの連絡は多数あったそうですが、唯一岡山まで来てくれたのが、現在マネージャーを務める河津知典さん(通称:ずっず)で、その熱意に心を動かされました。

藤井風デビューのキーマンは「SHISHAMOの宮崎朝子」

現マネージャーの河津さんに藤井風さんの存在を教えたのは「SHISHAMO」のボーカル「宮崎朝子」さん。

当時いろいろな音楽関係者に会って、夢のような良い事ばかりを聞き続けてきた藤井風さんは、何が本当なのか、どの選択が良いのか分からなくなり、河津さんの誘いにも初めは乗り気ではなかったとのこと。

藤井風さんの説得に挫折しかけていた河津さんに、発破をかけて後押ししたのも宮崎朝子さんでした。

実家に来て両親にまで挨拶をしてくれた河津マネージャーの誠実さと熱意に「河津さんを悲しませたらいけないんじゃないか」という両親の言葉もあり、藤井風さんは上京を決めたとのこと。

当時河津さんは、ディスクガレージ株式会社に所属して「SHISHAMO」のマネージャーを務めていましたが、藤井風さんの音楽活動を全面的にバックアップするために会社を辞め、藤井風さんの個人レーベル「株式会社HEHN RECORDS」を立ち上げました。

ずっずさんの本気を感じるエピソード!

生まれ育った里庄町を離れる前夜は「アホくらい泣いた」

上京について藤井風さんは、

  • 旅立つ前夜は「ワシもういよいよ東京に行くんかもしれん」とアホくらい泣いた
  • 当日になったら、泣いてスッキリしたのか晴れやかな気持ちだった

と語っています。

藤井風さんは、生まれた時から上京する21歳までの間、ずっと里庄町で育ちました。

「何もないところで大人も子供もみんな仲良しみたいな場所」「全ての思い出がここにある」と語る里庄町では、どんな幼少時代を過ごしたのでしょうか。

藤井風の出身小学校は?

藤井風さんは、里庄町立里庄西小学校に通っていたといわれています。

里庄町立里庄西小学校

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次